雪かきしても大丈夫  腰痛予防に神ってる運動、これ1個だけ!!

雪かきしても大丈夫 腰痛予防に神ってる運動、これ1個だけ!!

 

【雪かきってキツイ】

今年の冬は寒波がすごいことになっていますね。

 

わが北陸でも昨日から大雪です!

 

なんと金沢の昨日一日の積雪量は平成に入ってから2番目らしいです。。

 

 

 

というわけで、大雪につきものなのが「雪かき」ですよね。

 

みなさん、雪かきってけっこうきついですよね。

 

雪かきは動作的に、前かがみ+雪を持ちげるOR押し出す動作が主になります。

 

これでは腰に負担がかかるのは当然といえますね。

 

 

【眠っている股関節を覚醒させる!?】

 

今日は雪かきでの腰痛を予防するストレッチをピンポイントで一つだけ伝授しますね。

 

 

キーワードは「眠っている股関節を覚醒させる!」です。

 

このキーワード、ピンときた方はいますでしょうか??

 

 

現代人は運動不足や生活の洋式化(和式トイレ・敷布団使用の減少)とともにしゃがみ動作をすること自体が減っています。

 

つまり日常的に股関節を意識して使う機会があまりないんですね。

 

 

ということで

 

現代人は股関節をきちんと使えている方が少ないのです(仕事柄、みなさんに聞くと間違いないです)。

 

 

ここで質問です。みなさん、体のどこが股関節か指させますか?

 

 

 

実はこの指をさした部分。

ウエストラインの腰骨から内側で足側に少し下がったこのあたりが股関節になります。

 

 

 

これのどこが腰痛と関係があるのかって??

 

それが大いに関係あるのです。

 

 

体が前かがみになる時、股関節をきちんと使えていない人は

 

腰椎という背骨の腰の部分が過度に動いてしまうのです。

 

そして前屈みになるときに、太ももの裏側のハムストリングスという筋肉がかたいと

 

更に腰椎が過度に動いて代償しようとしてしまいます。

 

そして腰椎は可動性が大きい分、より負担のかかりやすい部分なのです。

 

つまり腰椎周りの筋肉へめっちゃ負担がかかちゃうのです。

 

 

なので腰痛予防を考えるときにはこの「腰椎に優しく」を心がける必要があります。

 

 

 

それでは

 

 

「股関節を正しく使う」+「ハムストリングスを柔らかく」

 

を同時に行えるエクササイズを教えますね!

 

股関節覚醒エクササイズ

 

①足を肩幅に広げ、股関節の位置に指をあてる

②そのまま股関節をしっかり曲げながら、体を少し前屈みしながら膝を曲げていく(スクワット様)

③膝を直角近くまで曲げたところで、背筋を伸ばす(骨盤を起こすイメージ)

④そのまま膝を伸ばしていく。太ももの裏側が突っ張ってきたらそのまま20秒間固定(息は止めずに呼吸しながら)

 

これらの運動によって、股関節をきちんと使えるようになり

 

前屈みの時でも腰椎に過度な負担をかけません。

 

このエクササイズで股関節をしっかり曲げることにより、腰椎の負担を減らす+太ももの裏側のハムストリングスという筋肉をストレッチすることにより、前かがみの動作をさらに楽にするのです。

 

これ雪かきの前に私は必ずしますが、かなり腰痛予防できています!

 

雪かきのときは、股関節を覚醒させ、自分の体をしっかりケアしましょうね!!

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

クライエントの目標達成に全力を尽くすプロコーチ。 モットーは「信頼」。 3姉妹の父親であり、幼い娘たちに翻弄される毎日。 Facbbook、Twitterでの友達申請・フォローお待ちしています!!