頭が真っ白な新人看護師の対処法

目次

新人看護師は頭が真っ白に・・

こんにちは!
TCS認定コーチの村谷です。

私が以前勤めていた大学病院で
ICUの看護師さんが学会発表したのですが
そこで衝撃の結果を発表していたのを未だに覚えています。

それは
ICUに配属された新人看護師は
入職したてのころは

「頭が真っ白になっている」

状態の事が多いらしいのです。。

頭が真っ白な状態で処置とかしていることを
考えると超怖くないですか??

でもそれが現実なんですよね。

・机上の勉強と臨床現場とのギャップ
・呼吸・循環状態の悪化や意識レベルの低下など予想外のイベント
・患者の急変に加え、ルーティーンワークもこなしていかなければいけない

集中治療室は命と隣り合わせの病棟ですし
急変するリスクを考え看護師のアセスメントが
身体状態に直結する
状況なので、
これはどこの病棟でもそうなんですが)

右も左もわからない新人看護師にとっては
慣れるまでは地獄に放り込まれたような
気持ちになってもおかしくありません。

その大学病院でもご多分にもれず
3年以内の離職が多かったのですが
(奨学金縛りの関係も大いにありますが)

新人が常にそのような状況にいることがわかれば
周りもその心情を慮った応対をしてほしいなと思います。

良い意味でキツイ先輩は私は好きです。
だってそんな先輩は言う事はきついけど
後輩の成長のために言ってくれてます。

でも性格の悪い先輩は難しいですね。

・「コールなってるわよ(自分はわざと行かない)」

・「私たちが新人だった頃は寝る暇なく勉強もしていたわよ」

・「あなたの指導なんかしている暇ないの」

頭が真っ白の状態で、なにがなにかもわからない中で
頼りにしたい人に頼れない辛さって本当にキツイです。

頭の中が真っ白でパニックになってしまったら・・

頭の中がパニックになった状態というのは
不安だらけで、正常な思考が働いていない状態です。

まずこの状況から脱するには
何に不安を覚えているのか
しっかり言語化していくことが大切です。

自分が今何に不安を抱えているのか
これを丁寧にノートに書き出してみてください


・先輩から見つめられるとプレッシャーを感じてミスしてしまう

・人工呼吸器や心電図のアラームのたびにドキッとしてしまう

・苦手な先輩と夜勤で一緒になると逃げだしたくなる

 

こんな具体的なことも抽象的なままにしていると
不安というおばけはすぐに頭の中で
膨張を始めてしまいます。

そのおばけを優しく諫めるために
自分は何に対して不安を抱いているのかを
できるだけ具体的に書き出してください

先に挙げた一例をピックアップすると

「先輩から見つめられるとプレッシャーを感じてミスしてしまう。」

→なぜ先輩から見つめられるとプレッシャーを感じてしまうのか。

→先輩はそもそも何で自分の手技をじっとみているのか?

→失敗しろとプレッシャーをかけるためっていうのは自分の思い込みではないのか?

→ただ自分の手技を確認しているだけではないのか。

→そもそも自分のミスで患者さんに不利益が被ることは避けなければいけない

→むしろ自分ひとりで行うより、先輩に教えてもらう方にいけば、自分も安心・先輩も安心できるのでは。

 

こんな感じで、先輩がただじろっとみている
イメージなら嫌だと思いがちですが
先輩が見てくれているのは、自分の手技が合っているか
確認しているだけなんだから、むしろ先輩にコツを教えてもらおう

こんな感じで視点変換できれば、そもそも不安なことも
むしろ自分の成長に活かせる事になるかもしれません。

自分の不安なことに向き合うのは
辛くて逃げだしたくなるかもしれません。
しかし、自分と向き合うことでしか
得られない何かがそこにはあると私は思います。

新人看護師達の周りにいる先輩看護師さんへ

最後に、どうか新人看護師さんの周りにいる先輩看護師さんへ
入職したての新人さんたちはどうやら頭が真っ白です。。

貴方たちにも目指した先輩がいるように
新人たちにも理想の先輩の背中をみせることは
大切なことではないでしょうか?

厳しくもあたたかいコミュニケーションが看護師間で
とれるようになると、自ずと職場の人間関係も
変わってくると思います。

最後までご覧いただきまして
ありがとうございました!

この記事を書いた人

クライエントの目標達成に全力を尽くすプロコーチ。
モットーは「信頼」。
3姉妹の父親であり、幼い娘たちに翻弄される毎日。
Facbbook、Twitterでの友達申請・フォローお待ちしています!!

コメント

コメントする

目次
閉じる