セミナージプシーは今すぐやめろ

【セミナージプシーは今すぐやめろ】

 

最初に

こんにちは、TCS認定コーチの村谷です。

北海道の北見市では気温-10度(体感温度はー20度らしいです)の中で焼肉フェスをしているらしく

焼肉をしているそばからタレやビールが凍っていくという(これ本当です!)

焼肉食べて盛り上がりたい、そのガッツになんだかこっちまで嬉しくなりました。

 

さてさて、本日のお題は

「セミナージプシーなんて今すぐ辞めろ」です。

巷には腐るほど色々なセミナーってありますよね。

集客セミナー。

SNS講座。

開運セミナー。

 

セミナー

 

セミナー

 

セミナー

 

ねえ、あなたはいつまでセミナージプシーになっているんですか?

 

 

最近SNSでつながった人も

いろんなセミナーやイベントに参加しているみたいで、投稿がいちいちセミナー参加のものばかり。

 

 

結局あんた何したいの?

 

 

そういう人の行動って芯のなさがあらわれちゃってます。

 

残念なパターンですね。

 

 

セミナージプシーを抜け出す方法

 

ではセミナージプシーを抜け出す方法を教えましょうか。

 

それは

 

あなたがセミナー講師になることです(バーン!!)

 

あなたがセミナーを主催する側に回ればいいだけのことです。

 

セミナーを開催するってことは

セミナーを開催するだけのインプットをきちんと消化していくということです。

まず何をインプットしていくのかを徹底的に考えますよね。

つまり、大前提として何を目的に生きるのかってとこにいきつきます。

 

うん。

ここで自分と向き合うのだけども

 

一人で考えてても視点って限られるので

ぜひコーチングに出会ってほしいんです。

 

コーチングとは

 

 

まあ

 

かくいう私も昔はセミナージプシーでした(バーン!)

 

 

たぶん人生に物足りなさを感じていて

セミナーにいけば答えがあるんじゃないかと期待してたんです。

 

多分。

 

でも何でもそうですけど

 

答えってない。。

 

恐ろしいほど

 

答えってないのですよ。

 

探せば探すほど見つからないもんですよ。

 

だから自分がどんな人生を歩みたいかを

考え抜いて、自分のしたいことを明確にしたら

アウトプットしていく側にまわりましょう。

 

アクティブブレイン協会の会長でもある小田全宏氏は著書「アウトプット速読法」で

「読書をして記憶に残るものは少ない。アウトプットするための読書をすれば速読しても要点や話の流れはいつまでも記憶に残るし身につく」と述べています。

アウトプットありきの読書を推奨されていて、素晴らしいなと思いました。

 

 

 

 

簡単なアウトプット実践方法

ですからセミナー難民の皆さま
いいかげん目を覚まして下さい!
今日からでもアウトプットしていきましょうよ。
とりあえず私がお薦めする方法を教えましょうか?
簡単なやり方ですよ。
それは
「自分の読んだ本の要約を5分で人に伝えてみる」
読んだものと、人に聞かせるものでは全然違います。
ただ読む:受動的
要点をまとめて人に伝える:能動的
ひとに伝えるって予想以上に難しいですよ。
難しい用語は使わず平易に分かりやすく、簡潔明瞭に
とりあえずやってみましょう。
じゃあアウトプットしたらぜひ私にコメントくださいね。
 必ず返信しますので☆
ではでは今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

クライエントの目標達成に全力を尽くすプロコーチ。 モットーは「信頼」。 3姉妹の父親であり、幼い娘たちに翻弄される毎日。 Facbbook、Twitterでの友達申請・フォローお待ちしています!!