スポンサーリンク

気管支の走行知ってる?

今回は「気管支の走行」というテーマでお話をしたいと思います。

 

「気管支の走行」って呼吸リハを考える上でクッッソ大切なんです。

なぜだかわかりますか?

 

 

それはズバリ

 

「排痰」です!!

 

 

まず気管支の走行について

 

引用:ヒューマンアナトミーアトラスより

 

村谷
ここでワンポイント!

上の図を見ると気管から主気管支にかけての分岐角度が右と左で全然違いますね。

垂直線に対して右:25度 左45度で分岐していると言われています。

そして右主気管支の内径が15mmに対して、左は12mmと細いです。

つまり右主気管支は分岐角度が浅く太いため、食べたものや痰などが

入りやすいと言われています。

これが右肺が誤嚥性肺炎を起こしやすいといわれる理由です。

引用:ヒューマンアナトミーアトラスより

 

引用:ヒューマンアナトミーアトラスより

 

複雑な走行に吐き気がした方

気持ちはよくわかりますよ笑

 

呼吸器外科のDrや気管支鏡をする先生なら

細かく走行を把握する必要はあると思います。

 

でもコメディカルの方たちはそんなに厳密に覚える必要はないです。

 

そして気管支の走行を簡単に覚えるための

「気管支体操」というものがあります。

それがコチラです。

 

引用:やさしイイ呼吸器教室:tnagao.ablo/jp
滋賀医科大学 呼吸器内科 長尾大志

引用:やさしイイ呼吸器教室:tnagao.ablo/jp
滋賀医科大学 呼吸器内科 長尾大志

引用:やさしイイ呼吸器教室:tnagao.ablo/jp
滋賀医科大学 呼吸器内科 長尾大志

 

どうですか?

これだとちょっとポップになりませんか笑

 

 

離床的には特に重要なのが

下葉のB6・B9・B10あたりです!!

 

次回は体位ドレナージの実際についてお話をしていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました☆

 

トラストコーチングスクール ベーシック講座
トラストコーチングスクール アドバンス講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コーチングを学ぶ理学療法士。 ICUでの呼吸理学療法が大好物。 「シェアリハビリ」でリハビリの知識・技術・マインドをフリーシェアしていきます。 興味がある方はお気軽に連絡してくださいね☆ Facbbook、Twitterでの友達申請・フォローお待ちしています!!