幸せな人生を送るための一語は「それは○か?」

 

みなさん、こんにちは、医療コーチの村谷です。

今日は子育てに関して書くつもりでしたが、いつのまにかデカい話になってしまいました笑

 

凄いタイトルをつけてしまいましたが、よろしくお願いします。

 

 

先日ある子育てに関するブログで興味深い記事を見つけました。

 

現在2児の親である私のハートをくすぐりました。

 

「どうして子供に“正しい”ことを押し付けるのか?」

 

「そもそもこぼさないように食べることの何が大切なの?」

 

「いい子に育てようと、しつけを押し付けて、色々なものを犠牲にして、親がイライラす

るのが一番良くない。」

 

「子供は親の楽しそうな姿をみるのが一番安心する。」

 

うーん確かに。

子供に口うるさく怒ったとき、うちの子供ってなんとも言えない強張った表情になるんです。

「あーこれは鏡なんだ」と思いました。

 

きっと自分がこんな顔しているんだな、と・・

 

反省・・

 

話はちょいとそれますが、面白い本を読んだので御紹介します。

 

みなさん本は読んでますか?

 

では1日にどれくらい新刊がでるかご存知ですか?

 

なんと1日200冊が新刊として生み出されているのです!

 

つまり年間にすると7万冊が出版されるわけですが、そんな書籍業界で生き残るのは至難の業ですよね。

 

ベストセラーも1年もつかどうかの業界で2000年もの間生き残っている本があります

そ・れ・は・・

 

「聖書」と「論語」です!

そうイエス・キリストさんと孔子さんですね。

 

聖書の中でイエス・キリストさんはこう言っています

 

「汝の隣人を愛せよ」

その後には「自分を愛するように」と付け加えています。

 

また、孔子はあるとき弟子に質問されました。

 

「先生、たった一語でそれを一生守っていれば間違いのない人生が送れる。そういう言葉はありますか?」

 

孔子はこう説きました。

 

それは恕(じょ)か?

 

恕とは何か?

 

「自分がされたくないことは人にしてはならない、それが恕だ」と

 

やられたら嫌なことをしない。

 

自分の事と同じように人の事を考えることこそが、人生で一番大切なことであると教えてくれたそうです。

 

2000年以上受け継がれている聖者たちの人生を幸せにする真理は

「自分を大切にするように、目の前の人を大切にする」こと

つまり

究極

「あなた」=「わたし」であると。

 

by「なぜジョブスは、黒いタートルネックしか着なかったのか?」

著者:ひすいこたろう+滝本洋平

 

これ行きついているなと思いませんか?

 

波もまた海である。

雲のひとつひとつもまた空である。

たくさんの葉もまた一つの木である。

子供も大人も、ブラジル人も日本人も人間、いや生物である。

 

存在はひとつであり全てがつながっている

 

素敵すぎる視点です。

 

「あなた」=「わたし」

「あなた」=「わたし」

「あなた」=「わたし」

 

これ子育てにあてはめたら・・

 

もう言わなくてもわかりますよね。

 

子供の笑顔を守るためにはまず、大人が笑顔でいられる人生を送りたいものです。

 

TCS講座を受けたい方、無料コーチングセッションを受けたい方

質問のある方、応援メッセージ、特になにもない方笑

どんなリアクションでもしていただけると私は嬉しいです。

お問合わせはコチラまで

トラストコーチングスクール ベーシック講座
トラストコーチングスクール アドバンス講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です