スポンサーリンク

チーム力を上げるには?

 

皆さんこんにちは。医療コーチの村谷です。

風邪の方が増えてきていますね。うちは子供二人が保育園に行っているので、いつもらってくるか戦々恐々の毎日です。熱があれば容赦なく仕事休みにならざるをえないので、職場の方たちのフォローにはいつも感謝しかないです。

 

さて本日のテーマは「チーム力を上げるには?」です。

 

チームといっても人と人が関わり集団になればそれでチームになりますから、社会というのはチームだらけですが、今回のお話は仕事の話ということでお願いいたします。

 

さて職場では個人プレーで仕事をすることもありますが、ほとんどはチームで動くことが多いと思われます。

チームメンバーがいきいきして動く場合と、強制的に嫌々で動いている場合では、その成果は天と地ほどの差が出ると思います。

ではその違いはどこからくるのでしょうか?

 

私見ですが、

「そのプロジェクトを各メンバーが私事に捉えるか事ができるかどうか」

ここに尽きるのではと考えます。

「他人事」ではなく「私事」です。

 

ではどうすれば各メンバーが私事すなわち主体的に動けるように

なるのかを考えてみたいと思います。

 

与えられた仕事に疑問をもつ

 


もちろん自分発信の仕事は主体的なので今回は割愛します。振られた仕事の話です。

「この案件いつものように資料を作ってくれ」

よく上司に言われると思います。

なぜこの資料を作成する必要があるのか?、他に良い作成方法はないのか?自分ならこの資料をどう活かしていくのか?

なぜ?なぜ??なぜ???

なんら疑問を持たないのは楽ちんです。言われたとおりにやればいいんですから。

ただし面白くないし、継続しないし、モチベーションが下がります。

そんな仕事楽しいですか?いやむしろ辛さしかありません。

 

疑問を持つと自分で考えます。考えることが大切です。

次にその疑問に対して他社比較をしたり、過去の調査をしたりと理想とするところに向かおうとします。

はい、これで仕事の所有権はチームリーダー(上司)からメンバーに分与されました!!

つまり疑問をもつことが、案件を私事化する第一歩になると私は考えます。

 

ただし注意点があります。疑問をもち自分なりの考えをもつのはいいことだと思いますが、それを即行動に移すのはちょっとまってください。その前に上司に報告・連絡・相談をお忘れなく。

自分の考えで突っ走ってしまうとチームプレイが乱れ、各所に迷惑をかける恐れもあるのでご注意を!

 

 

逆に言うと、上司は部下がそのような私見を述べてきた時こそチーム力を上げるチャンスなんですね。

 

部下が何でも意見を言いやすいように普段のコミュニケーションが肝心です。

「話を聞けない」・「すぐに自分の意見を振り下ろす」・「部下が声掛けしやすくなる配慮を怠たる」

 

これらは避けたいものですね。

やっぱり大切なのは「コミュニケーション」なんだな。。

 

今日はあくまでチーム力をあげる一つの手段をお伝えしました。

 

皆さんのチームがより良くなりますように。

 

TCS講座を受けたい方、無料コーチングセッションを受けたい方

質問のある方、応援メッセージ、特になにもない方笑

どんなリアクションでもしていただけると私は嬉しいです。

お問合わせはコチラまで

トラストコーチングスクール ベーシック講座
トラストコーチングスクール アドバンス講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コーチングを学ぶ理学療法士。 ICUでの呼吸理学療法が大好物。 「シェアリハビリ」でリハビリの知識・技術・マインドをフリーシェアしていきます。 興味がある方はお気軽に連絡してくださいね☆ Facbbook、Twitterでの友達申請・フォローお待ちしています!!