スポンサーリンク

「信頼」と「信用」の違いはご存知ですか?

みなさんこんにちは、TCS認定コーチの村谷です!

だいぶ暖かくなってきましたね、季節の変わり目は風邪をひいたり、体調を崩される方もいらっしゃいますので、体調管理には十分注意が必要ですね!

今日はちょっとした言葉の意味の違いや、私の想いを少しお話したいと思います。

突然ですが

「信頼」という言葉

私はこの言葉が大好きです。

コミュニケーションはまず自分を信じ、相手を信じることから始まると考えています。

特に仕事では互いに「信頼関係」が構築されていないと、チームで十分な成果は得られませんよね。

 

今回は「信頼」にスポットを当ててみたいと思います。

そして似ている言葉に

「信用」がありますね?

さて、みなさんはこの意味の違いをご存知でしょうか?

 

谷誠之氏はブログの中で分かりやすく説明してくれています。以下原文です。

広辞苑には、以下のように書いてあります。

  • 信用:信じて任用すること。
  • 信頼:信じて頼ること。

おい(^^;)。広辞苑は、どうもこういう「熟語をただ分解しただけ」の説明が目立ちます。

よくよく考えると、「信用取引」という言葉はあるけど、「信頼取引」という言葉はない。また、「信頼関係」という言葉はあるけど、「信用関係」という言葉はありませんね。

私は、このふたつの言葉には、大きく2つの違いがあると思っています。

1.過去を「信用」する、未来を「信頼」する

信用とは、何らかの実績や成果物を作成して、その出来栄えに対しての評価のことをいいます。そのため「信用」するためには、実績や成果物が必要不可欠なわけです。この実績や成果物といった、過去の業績に対して「信用」するのです。

一方「信頼」は、そうした過去の実績や業績、あるいはその人の立居振舞を見たうえで、「この人ならこの仕事を任せてもちゃんとしてくれるだろう」とか「この人なら私の秘密を打ち明けても大丈夫だろう」などと、その人の未来の行動を期待する行為や感情のことを指します。もちろん「信頼」するためには何らかの根拠が必要ですが、その根拠を見たうえで、未来を「信頼」するというわけです。

そう考えると、「信頼」してもらうためにはまず「信用」が必要です。「信用」なしには「信頼」を勝ち取るのは難しいでしょう。

2.物理的に「信用」する、精神的に「信頼」する

前述のとおり、「信用」は何らかの実績や成果物を必要とします。その人の過去の行為(事実)や作り上げてきた作品といった物理的なモノに対して「これは大丈夫だ」と信用するわけですね。ですから「信用」は、モノを評価する人から、そのモノを作った人に対する片方向になるのです。

一方「信頼」は、その人の実績や過去の振る舞いを見たうえで、その人の人間性や習慣、クセ、感覚といった目に見えないものに対して期待し、その期待に応えてくれるだろうという気持ちの表れです。気持ちに気持ちで応えるのが「信頼」です。「信頼」は気持ちと気持ちのつながりですから、双方向です。

引用文献:谷誠之の「カラスは白いかもしれない」http://blogs.itmedia.co.jp/tani/2011/10/post-f5e5.html

 

 

皆さまいかがでしたでしょうか?

私はこれを拝読してとても腑に落ちましたし、改めて心に留めておかなければなと思いました。

私が仕事をする上で大切にしているのは「信頼」です。

これは事あるごとに職場で話しています。

そしてそれは「信用」の上で成り立っていきます。

 

私が仕事を行う上で大切にしていることを挙げてみますね。

MURATANI
・メールの返信など、なるべくレスポンスは早めにする。

・仕事の締め切りやタイムスケジュールを常に把握する。

・会議など勉強会ではメンバーの時間を浪費しない。

・できるだけ情報は開示し共有化する、メンバーに当事者意識を持ってもらう。

・過去のやり方に固執せずに、メンバーの意見を積極的に聞く。

・他のメンバーのプライベートや置かれている立場に気を配る。

・自分の仕事には必ず相手がいるから何事にも責任をもつ。

・失敗があれば率先して謝罪する。

 

こんな小さなことの積み重ねが

「信用」になり「信頼」につながっていくと思います。

 

どんな分野のどんな仕事でも

小さいことの積み重ねをコツコツと

「当たり前」にできている人こそが

その道のプロフェショナルになるといえるのではないでしょうか?

 

私は「信頼」を大切にしたい

そのためにも「信用」を積み重ねる行動を

こころがけていきたいと思っています。

 

TCS講座を受けたい方、無料コーチングセッションを受けたい方

質問のある方、応援メッセージ、特になにもない方笑

どんなリアクションでもしていただけると私は嬉しいです。

お問合わせはコチラまで

トラストコーチングスクール ベーシック講座
トラストコーチングスクール アドバンス講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コーチングを学ぶ理学療法士。 ICUでの呼吸理学療法が大好物。 「シェアリハビリ」でリハビリの知識・技術・マインドをフリーシェアしていきます。 興味がある方はお気軽に連絡してくださいね☆ Facbbook、Twitterでの友達申請・フォローお待ちしています!!