スポンサーリンク

コミュニケーション能力の低い医者はクソです。。

先日ムチャクチャ腹立ったんですよ

怒りを通り越して、ほんま悲しかった。。

 

ベッド上安静を余儀なくされている患者さんがいたんです。

その方は疾患の治療上動いてはいけなかったのですが

 

「どうしても大便だけはベッド上でしたくない」

 

「おむつの中で便をするなんて考えられない」

 

「なんとかポータブルトイレで大便したらダメかね?」

って

 

リハビリの時に私に相談してきたんです。

 

 

みなさんもおむつの中で大便したことありますか?

しかも寝ながらしたことありますか?

 

私はあります。

 

まずオムツって熱いし、ごわついているんですよね。

 

これを長時間履く時点で蒸れてきてキツイですよ。

 

そして排泄です。

 

寝ながら、腹圧のかからない状態での排便は

とても踏ん張りにくく、力が入れにくい

つまりしっかり出しにくいのだ

 

そして出た後がなんとも気持ち悪い。

まとわりつくような不快感が股間全体を覆うんです。

 

そして、何より人に見られるかと思うと羞恥心が半端ないのだ。

 

恥ずかしくて、恥ずかしくてたまらない。

その患者さんは意識はクリアーそのもので、もちろん指示理解もしっかり

されている方でした。

 

医療従事者ならばオムツ内排便のきつさは

理解できて当然なんじゃないか??

 

動けない方はオムツに排便が当たり前って

全然当たり前じゃないですよ!

 

リハビリの後にクソ研修医の野郎がやってきて言った言葉に耳を疑いました。。

 

「無理に動かないで良いですよ~。オムツ当ててますからね。」

「ここでうんちしてくれれば良いですから~。」

 

しかもあきらかに上から目線の舐めた言い方!

 

しかもしかもちょっとニヤけて言ったんです!!

 

患者さんの奥さん・娘さんも一緒にいるときに

 

言いやがったんですよ。

 

 

 

もともとその医者はアスペルガーっぽくて

たしかに頭はいいのかもしれないけど、

まちがいなくコミュ障だなって思ってたんです。。

 

これ皆さんならどう思いますか?

 

医療は人の体を預かり、治療・ケアさせていただく尊い仕事です。

モノを扱う仕事ではないんです!

 

そこには治療技術とともに人格も備わってなければ、患者さんとの信頼関係なんて築けるはずがありません。

 

今の場合だと明らかに医療者側のモラルが問われます。

 

なぜ患者さんの立場に立ってものを考えることができないのか?

 

「無理に動かないで良いですよ~。オムツ当ててますからね。」

「ここでうんちしてくれれば良いですから~。大丈夫、大丈夫~。」

 

 

そうニヤけて言われた患者さん自身や家族はどう思うのか?

 

家族がそんな事いわれたら、私なら確実にブチ切れます!

 

イヤ、怒りを通り越して悲しいです。

 

残念すぎる。。

 

言われた後のご家族さんたちの何とも言えない表情をみて

私は申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。。

 

 

 

医療従事者こそ、患者さんやご家族さんに寄り添って、

いろんな視点にたてるコミュニケーション能力が必要になると考えます。

治療技術やコミュニケーションスキルといった表面上のものばかりでなく、

自分軸を持てる本当のコミュニケーションがここにはあります。

 

よかったら私と自分軸をみつけるために、

コーチングの勉強をしませんか?

興味があればこちらをクリックしてください

TCS認定コーチ 村谷 俊幸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラストコーチングスクール ベーシック講座
トラストコーチングスクール アドバンス講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コーチングを学ぶ理学療法士。 ICUでの呼吸理学療法が大好物。 「シェアリハビリ」でリハビリの知識・技術・マインドをフリーシェアしていきます。 興味がある方はお気軽に連絡してくださいね☆ Facbbook、Twitterでの友達申請・フォローお待ちしています!!