スポンサーリンク

医者のコミュニケーションって・・

こんにちは医療コーチの村谷です!

 

突然ですがあなたに質問です。

 

 

あなたが患者ならどちらの医者を選びますか?

 

コミュニケーションをとるのが上手な医者ORコミュニケーションをとるのが下手くそな医者

 

さあ、どっち?

 

言うまでもないですよね。

 

でも主治医ってなぜかこちらからは選べないですよね。

ご指名制度もありませんしね。

 

でもよっぽどのことがない限り

 

交代をお願いできないのが現状なのではないでしょうか?

 

セカンドオピニオンも一般的になってきている時代ですが、

体を預ける医者に悪い印象を持たれたくないというのは

患者さんの正直な気持ちではないでしょうか?

 

 

ビジネスコーチング/話し方・聴き方講座のサービスを提供されている

コミュニケーションのプロである加藤 望さんが興味深いアンケートをとっていました。

 

医者のコミュニケーションに関して、患者目線でとったアンケートです。

 Q1.診察の際、お医者さんに不信感を持ったことはありますか?

よくある  24.6%
ある    66.7%
あまりない 7%
一度もない 1.8%

Q2.不信感を持った方にお聞きします。またそれはどんな時ですか?

・こちらの症状を断定的に否定する。しっかり聴いてくれない。
・「たぶん〜」などと曖昧な表現をされた時。 こちらから症状について何か意見を言うと「それはない」と全否定された時。
・威圧的で目を見て話さない。
・治療方法を説明してくれない時。全く症状が改善しない時。
・大学生の頃、胸焼けが酷く通院したら、軽蔑したような目で見ながら「妊娠じゃないの?」と言われた。 「まだ生理が来たばかりです」と話したが「生理の後だって妊娠するよなぁ?」と看護師さんに振る始末で、ろくな診察をされなかった。もちろん妊娠していませんでした。

Q3.初めて会うお医者さんに名前の自己紹介をされますか?

いつもされる   1.8%
されたことがある 35.1%
されたことはない 57.9%
覚えていない   5.3%

Q4.自己紹介されたら安心しますか?

とても安心する 29.8%
安心する    49.1%
しない     7%
変わらない   14%

Q5.診察の際「何か聞きたいことや気になることはありますか?」と聞かれたら安心しますか?

とても安心する 43.9%
安心する    47.4%
しない     3.5%
変わらない   4.3%

Q6.不安になるお医者さんはどんな人ですか?

・おそらく結果や原因が、分かっているからだとは思いますが、こちらの聴いてほしい事等を一切聞いてくれず、また、顔を合わせてくれない先生。
・目を見て話さない。 一般人には分からない医学用語ばかり並べて説明する。
・上から目線な物言いをする人。
・説明不足な人。
・目を見て話してくれない。会話のやりとり以上のことを感じようとしない医者。
・看護婦さんに偉そうな物言いをする先生。
・「えっ」とか「あれー」とか「どうしようかな」と言う先生

Q7.安心するお医者さんはどんな人ですか?

・こちらの話している意図を理解している。
・笑顔があり、態度や説明が誠実で丁寧な人。ヒアリングしてくれて、人を見下すような雑な対応をしない人。
・患者の細かな動きや感情の波を見逃さない。 患者や家族に起こるであろう不安などを気遣ってくれる。 状態が厳しくても険しい顔や声で対応しない。
・連携力のあるドクター。
・こちらの心配事に共感してくれる先生、寄り添ってくれる安心感。
・じっくり話を聞いてくれる、質問に答えてくれる医者。
・どんな訴えでも、いったん受け止めてくれる人。
・話を聞いてくれて、それに対して適切なアドバイスをしてくれる。 アドバイスも上から被せるようなアドバイスではない。

以上、「お医者様とのコミュニケーションについてのアンケート」より抜粋

 

どうでしたか?

予想通りでしたか?

 

素晴らしい医者ももちろんいますし、クソ医者もたくさんいます。

 

加藤さんにお話を伺うと

「コミュニケーションできなくても患者さんは来るから。」

なんていけしゃーしゃーと話す医者もいるようです。

 

ちなみにこのアンケートは現在も回答募集中とのことです。

https://docs.google.com/forms/d/1RVTGU53KzlG4EVFRSndNteTZnDRnwH106Ap6ncCvBe0/prefill

 

 

私もこの前娘を耳鼻科に連れて行ったのですが、ここの医者と看護師は本当にクソでした。

詳細は私のブログの最高PVを獲得した記事をご覧ください。

http://trust-medicalteam.com/コミュニケーション/anger/

 

 

医療従事者はコミュニケーションを学ぶ必要があるなと改めて思います。

コーチングを学ぶことによって、患者さんにも自分にも

より良いコミュニケーションをとれるようになります。

 

私がコーチングを学ぶトラストコーチングスクールとは

 

TCS講座を受けたい方、無料コーチングセッションを受けたい方

質問のある方、応援メッセージ、特になにもない方笑

どんなリアクションでもしていただけると私は嬉しいです。

お問合わせはコチラまで

トラストコーチングスクール ベーシック講座
トラストコーチングスクール アドバンス講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コーチングを学ぶ理学療法士。 ICUでの呼吸理学療法が大好物。 「シェアリハビリ」でリハビリの知識・技術・マインドをフリーシェアしていきます。 興味がある方はお気軽に連絡してくださいね☆ Facbbook、Twitterでの友達申請・フォローお待ちしています!!