スポンサーリンク

コミュニケーションをとる時にフォーカスの違いが大切な理由

こんにちは、コーチの村谷です。
さて世間一般では夏休み真っ盛りですね。

不思議なもので、私の通勤路では夏休み期間って、朝の交通量がかなり減るんですね。

部活に行く学生さん以外はとんと見かけなくなるので、なぜか寂しい今日この頃です。

あなたはどこにフォーカスをあてますか?

さて、本日のテーマは「フォーカスの違い」です。

先日あるカフェで友人とくっちゃべっている時です。
あるお客さんが後から入ってきたのですが、足が悪いのか、やや体を傾けて歩いてらっしゃったんですね。

私たちの前を通り過ぎたその方が離れた席に着くと友人は
「おい、あの人どう?」

「どうって?」

「いやいや、見たやろ?」

「ああ、デュシェンヌ出てたね。たぶん股関節が悪いんちゃう?」

「は!?」

「いやいや歩き方の話やろ」

「いや、知らんし。」

「俺が聞いたのは、あの人のバックの話。エルメスのバーキンやったやん?見たやろ?」

「は?そんなん知らんし。」

このやり取りをみてどう思いますか??

私は理学療法士としてリハビリテーションのプロです。
職業的には何をする人かと言われれば、

病気で動けなくなった人に基本的な動作を再獲得させる専門家と言えます。
つまり人体の動き、いわゆるバイオメカニクスに関しての知識・技術は

おそらく抜きんでている職業だと思います(マニアックですみません)。

なので、私は人の立ち姿勢や歩き方でだいたいどこの具合が悪いのか予測がつきます。
これって素人の人から見たら、異常らしいんですよね。
当人は気づかないけど、凄いらしい・・・

 

なので、さっきの話ではその方の「歩行」に着目していたのですね。

 

私の友人はというと、美容師をやっていて、

店に入ってきたお客さんの身なり・雰囲気・話し方・立ち振る舞いなどから、

だいたいの年収まで予測できるそうです(凄い!)。

そこでさっきの話ではその方の「ファッション」に着目してたんですね。

つまり同じものを見ていてもみる視点が全然違うんです。

これってフォーカスの違いとも言えますね!?

ムチャクチャ重要なポイントです。

気づかないことは多いんです

つまり、自分の仕事の分野や興味があることだと、

普通の人が全く気が付かない所に着目できるのです。

人間の脳は自分がフォーカスしている部分しか認識しにくいと言われています。
例えば自分に子供ができると、

今までまったく気が付かなかったベビーカーの小回りの利きにくさや、

外食するときの店側の小さい子供への配慮、

授乳室の有無などが気になって仕方ありません笑。

 

今まで気にもとめなかった事が世界には山ほどあることに気づくわけですよね。

 

自分の知らない世界、気づいていない世界にフォーカスをあてることができれば
色々なことが起きると思いませんか?

 

例えば、悩み相談なんかではよくそう思います。はい。
友達話が続いて申し訳ないのですが、ある夫婦の話です。

その夫婦は結婚3年目ですが、

とにかく子供ができてからケンカが絶えないそうなんです。

もう離婚だって悩んでいるんですね。

 

穏やかじゃないねー、全く(落語家風)

 

よくよく話を聞いてみると、旦那様の仕事が遅く、

小さい子供の面倒をみない、家にいても家事もしようとせず、

互いに疲れてケンカばっかりしてしまうと。

自分は育児で大変で、ストレス発散もできないし、

とにかく今の生活が続くのが無理だと。。

私の友達は妻の方ですが、これとにかく悩みをじっくり聞きました。

本人の話がとまるまで聞きました。聞きまくりました。

「おおわかる。わかる。」

「パートナーが手伝ってくれないときついよな。」

「わかるよおー。うんうん。」

 

んで、

彼女が落ち着いた段階で、私からお話しました。

「で、話を聞いていると、あなた目線の話しか出てこないけど。旦那さんはどう思っているのかな?」

「旦那さんの目線で考えてみたことある?」

「子育てや仕事、パートナーシップに関してのフォーカスの違いちゃう?」

「あなたが旦那さんに寄り添って話をすることがまずは大切かもね」

あまり具体的に話はせずに、これだけ言ってその場は終わりました。

 

後日嬉しい知らせが。

「あんたの言う通り、旦那と話したわ。いろいろボタンの掛け違いが多いことがわかった。」

「少しずつやけど旦那も早く帰れるように上司と相談してくれて、帰宅時間が早くなったし、育児に関しても少しずつ調教しとる最中や」

って笑ってました。

調教って笑

このボタンの掛け違いにいかに気づき、埋めることができる行動を促せるか。

私がコーチとして、大切にしていることは
人は誰でもフォーカスできる部分が違うのだと。
これがわかればたいていの人間関係は楽になります。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
TCS認定コーチ 村谷 俊幸

トラストコーチングスクール ベーシック講座
トラストコーチングスクール アドバンス講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コーチングを学ぶ理学療法士。 ICUでの呼吸理学療法が大好物。 「シェアリハビリ」でリハビリの知識・技術・マインドをフリーシェアしていきます。 興味がある方はお気軽に連絡してくださいね☆ Facbbook、Twitterでの友達申請・フォローお待ちしています!!